ニュース一覧

丁寧な指導で成績を上げる

勉強

2種類の指導法があります

学習塾は、集団指導もしくは個別指導の教育方法を取っています。なかでも、個別指導は、先生が子供の理解度をしっかり把握できると評判です。そこで、集団指導と個別指導の双方を採り入れた学習塾が増えています。個別指導には、完全個別と個別対応の2種類があります。完全個別は、先生1人と生徒1人のマンツーマン体制です。よって、質問したいときにいつでも聞けます。個別対応では、学びのレベルや内容が異なる生徒2、3人を先生1人で交互に指導します。これは、他の生徒が学ぶ姿勢が、よい刺激となります。昨今、養育において子供の個性を大切にする動きが盛んです。その風潮は、学びの場にも反響を与えています。そこで、一人一人の子供の個性や習熟度に対応するために、個別指導に特化した学習塾が登場しています。そして、集団指導では学びについていけない子供にはじっくりと付き合い、理解度が高い子供には高難度の学びを提供します。加えて、面倒見の良さをアピールする個別指導塾に人気が集まっています。具体的には、学習塾の先生が学校生活や私生活の相談に乗ることです。小学校高学年以降の子どもは、精神的に大人に成長する時期にさしかかります。そのため、友人や家庭のことで各々悩みを抱える傾向になります。誰に話してよいかわからないことを、個別指導の先生に話せる環境を作ることで、精神的な信頼感と安心感を与えます。そして、心の安定を成績アップの一因に結びつけるねらいがあります。

Copyright© 2018 個別指導の塾でオーダーメイドの授業を選択しよう! All Rights Reserved.